読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯はコピペが弱い

第1位 Ctrl+V (データ貼り付け!間違いなく、私以外の方もこれが1位になるのではないでしょうか?)
第2位 Ctrl+C (データコピー!1位がCtrl+Vなら自動的にこれかもしれませんね)

PCを使っていて一番やるのが、この上の操作2つなのはまず間違いないと思う。
でなぜかというとマウスがこの部分っていうのを指定するのに便利だから。

昨日、電車の中で次の日本語入力方式という話を同僚Uとしたので、それを書いてみる。

僕は携帯でネットをほとんど使わないが、そもそもURLの直接入力は面倒くさい。携帯ブラウザにない機能で一番つらい機能が「選択した範囲を検索エンジンで検索」だとおもう。これがないので携帯ではネットサーフィンにならない。*1

で、次のUIの革新のひとつが間違いなく「コピペ」ベース(ポインティングデバイスによる範囲選択とショートカットキーの組み合わせ)だとおもうということを言った。

たとえば上記の「選択した範囲を検索エンジンで検索」はソフトバンク携帯ならポインティングデバイスとY!ボタンで検索させることなるんだろう。この機能がついたら携帯からのウェブ利用率は爆発的に増えると思う。

で、その次が「コピペ」ベースの日本語変換だとおもう。
イメージとしては範囲選択してクリップボードに追加を繰り返し、変換すると送り仮名、助詞の補完がされて文ができるというイメージ。

  • 「私」「猫」「好き」'変換キー'-> 「私は猫が好きだ」
  • 「明日」「ミーティング」「やめる」'?'(手入力) '変換キー'-> 「明日のミーティングはやめませんか」

入力する画面では常に画面の半分にブラウザが起動していて、そこからコピペできる。そのページに欲しい言葉がないときには、範囲選択->(検索ショートカット)で他のページに移って、そこからコピペ。

いまの日本語変換は「かな入力->形態素解析->文字変換->文」だけど、「コピペ」ベースにすることで「単語(漢字かな混じり) -> 助詞補完 ->文」になれるとおもう。

でそれがポインティングデバイスはあるけど、キーボードがないデバイス時代の日本語入力方式だとおもうんだよね。

*1:よく知らないけどiPod Touch/Phoneはもうできるのかな?